ランドスケープ-LANDSCAPE-

県内トップクラスの生産量を誇る《薔薇のまち 平塚》

湘南エリアのベッドタウンとして発展してきた自然豊かな商業都市、「平塚」。
早くから都市機能が整備され、商業施設や総合病院・公共施設・公園なども充実した生活しやすいロケーションに、暮らしを豊かに彩るトヨタ・クオリティの住まいが誕生します。

◆Master Plan
落ち着いた住環境を創造する、交流空間「クルドサック」のある街。

英国発祥の田園都市構想から生まれた「クルドサック」(フランス語で「袋小路」)。
通り抜けができないため、居住者のみが使用する道路として安全・安心をもたらす一方、住まう方々の交流の場としても活用できます。
《ザ・ローズ・ステイツ》では、この“コミュニティ道路”を中心に、
一邸一邸の個性を活かしながら、統一感のある街並みを創造します。

◆Landscape

◆Rosette Design
《薔薇のまち 平塚》にふさわしい
“ロゼット”をテーマにした気品ある外構デザイン。

舗装やウォール材は、花が開くさまを表現した≪ロゼット≫をテーマにデザイン。
心地よい風やこもれ陽が通う「花ブロック」や、バラの花をイメージさせる柔らかな赤系のレンガを採用し、ナチュラル感と高級感をあわせ持つ街並みを創造しました。
花台は簡易なベンチとしても利用でき、訪れる方との交流アイテムとしても活用できます。

トヨタホームトヨタホーム